MVNO

MVNOのない人生は、きっとつまらない。auからMVNOに乗換えました

投稿日:2018年2月2日 更新日:

Pテツです。

安定の寒さが続いてますね。

みなさんは携帯料金いくら使っていますか?

大手3大キャリア(docomo、au、SoftBank)を利用している人だと

毎月1万円前後支払っているのではないでしょうか。

僕がオススメする方法で運用した場合、

2年間でざっくり10万円もお得に使えます

では、ご紹介したいと思います!

大手3大キャリア

大手3大キャリアの通信費が現在(18.02.03)ざっくりいくらなのか調べてみました。

条件としては

  • 電話番号が欲しい
  • 通話出来る(かけ放題じゃなくて良い)
  • データ通信は5G程度で良い
au docomo SoftBank
プラン auピタットプラン(3G) カケホーダイライトプラン 通話定額ライト基本料
データ量 3G 5G 5G
基本料 5,480 7,560 7,560
端末代 3,810 945 720
合計 9,290 8,505 8,280

※ 1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題
※ 2年契約
※ 端末はiPhone8(64G)機種代金込

3大キャリアの中ではauが基本料金が低いですが端末代金が異様に高いですね。
どこも合計1万弱しますね。

大手3大キャリアのメリット

大手3大キャリアを使うメリットとしては僕が思うのはズバリ

通信速度

です。

現在僕が使用しているMVNOであるDTI、Lineモバイルと以前使用していたauを比べると

これは違いを感じますね。

仕事中トイレで携帯をいじることが多いのですが(仕事しろy)、

コンクリートに囲まれたエリアや地下など電波が入りにくいところは

通信速度に差を感じます。

他には

  • キャリアメールが使える
  • 各駅に店舗があるのでサポートが充実している

などでしょうか。

大手3大キャリアのデメリット

ズバリ2年縛りの違約金ですね。

2年経った後の解約月意外に解約した場合、¥10,000〜の違約金を払う必要があります。

最近は2年縛りの契約をしなくてもよいプランもありますが月額基本料金が2倍近くなるので

実際は2年契約での契約する人が殆どだと思います。

MVNOの通信費

僕がオススメするのはMVNOです。

そもそもMVNOとは?

MVNOとは、他社から無線通信インフラを借り受けて、音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のことを指します。

ざっくりいうと大手3大キャリアの通信網を利用してサービスを格安で提供してくれる事業者です。

色んな事業者があるのですが僕が使っている2つは↓な感じです。

DTI Lineモバイル
データ量 5G 5G
基本料 1,920 2,220

※ 音声通話有り

どちらも2000円前後ですがデータ容量をさらに減らすと¥1,000弱にもなります。

ちまみにどちらも1年以内に解約した場合は¥9,800の違約金がかかります。

MVNOで利用した際の2年間運用シミュレーションしてみた

僕が以前使っていたauとDTIを使用した場合の2年間使用した場合をシミュレーションしてみます。

au

初期費 月額 2年間
au 3,000 9,290 225,960
DTI 3,000 + 85,104(※1) 1,920 134,184

※1 AppleでiPhone8(64G)を一括購入時の値段

差額 = ¥225,960 ー ¥134,184 = ¥91,776

MVNOを使用した場合約10万円安くになります。

大分お得ですよね。

MVNOの通信速度は遅い?

上記でも書きましたが大手3大キャリアと比べると若干遅く感じます。

しかしWebなど軽い通信であれば問題なく利用出来ます。

YouTubeなど動画をネットでがっつり見る人であれば場所によってはストレスを感じるかもしれません。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

3大キャリアは顧客を離れさせないために色んな戦略を練ってます。

以前そのトラップにひっかかり交渉するのに時間をとられたことから

今後も極力契約したくないと思っています。

程度はありますがNVMOにすることで安くなりますので

コスパ重視の人はオススメです。

読んで頂きありがとうございました。

DTI

LINE mobile

-MVNO

Copyright© オワブロ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.